自宅で脱毛する方法

自宅で脱毛する方法をまとめてみました。 自宅で脱毛する方法【安全確実に脱毛】

安全で簡単な脱毛方法を一緒に探していきましょう。

これまで自宅で脱毛する方法として、ムダ毛を抜く、カミソリで剃る、除毛クリームで脱毛するなど限られた方法のみで行ってきたのが現状です。

しかし、家庭用脱毛器ケノンが発売されてから自宅で脱毛された方も多いのではないでしょうか?

安全で簡単にエステ並みの脱毛が出来ると評判のケノンですが、脱毛器の価格の問題がございます。

それさえクリアーできれば、女子はもちろん男子にも使えるケノンが一番お勧めです。

★家庭用脱毛器ケノンの詳細はコチラから

そして、カード分割で毎月3.000円でOK

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用脱毛器ケノン 家庭用脱毛器のメリットは、自宅で手軽に処理できることです。
エステサロンでは予約を入れないと施術を受けられません。
繁忙期には予約できる日が限られるので、脱毛に合わせて予定を調整する必要があります。
仕事などで都合が付かなければ、施術が遅れて満足できるまでに時間がかかります。

家庭用脱毛器だと好きな時間に自分のペースでできるため、脱毛でライフスタイルが変わることが少ないです。
人にムダ毛を見られることもあります。
脱毛したい部位にいっては人に見られると恥ずかしいこともあるので、自分でできるのは不安を解消します。
1台あれば家族も一緒に使うことができます。

一方で家庭用脱毛器のデメリットは、手間がかかることです。
家庭用に販売されているものは、安全性に配慮して出力が高くありません。
永久脱毛までには何回も処理することになります。
全ての作業を自分で行うので、機械の操作を面倒くさいと感じる人には適していません。
使用頻度が少ないと脱毛効果も薄くなります。
さらに一度購入しても、使い続けるためには消耗品を揃えなければなりません。
使えば使うほど消耗するので、場合によってはエステサロンに行った方が費用が安く済むことがあります。

脱毛器ケノン
↑ ↑ ↑
家庭用脱毛器の定番「ケノン脱毛器」公式サイトはこちらから

除毛・脱毛クリームもメリットとデメリット

除毛クリーム 除毛・脱毛クリームのメリットは、自宅で簡単にできるというところです。
カミソリで剃るとすぐに生えてしまい、ぶつぶつしたりザラザラしたりしますが毛を溶かすので生えてきたときにもカミソリよりは毛の先がとがっていない感じになります。
カミソリのように、皮膚を切ってしまうという事もないです。
処理してしばらくはカミソリなどで剃るよりもツルツルになるので見た目もきれいになります。
カミソリで剃りにくい場所も、クリームなどを塗るだけなので簡単にできます。
デメリットとしては、毛を溶かす成分を使っているという事なので肌に優しいという商品でも刺激が全くないという事はないので合わない人もいて皮膚のトラブルの可能性もあるという事を考えなくてはいけません。
使えない部位があるという事もデメリットの一つです。
そして安価だとしても永久脱毛ではないのですぐに毛は生えてきます。
そのたびに購入するとなると、それなりに金額はかさんでしまいます。

カミソリのメリットとデメリット

カミソリ 体に生えている気になるムダ毛を、脱毛サロンなどで行わずに自分で処理を行う人も多いでしょう。
ムダ毛を自己処理する場合は、除毛クリームやカミソリなどが使われています。
どれもドラッグストアなどで手に入りますので、思い立ったらすぐにムダ毛処理ができて愛用されています。
中でも最もよく利用されていますカミソリは、手軽に行える便利さが最大メリットでしょう。
そして、価格の安さも魅力となっています。
ムダが気になった時に、いつでもすぐに処理することができ、収納スペースも取りません。
また、切れ味が悪くなったら、刃を交換すれば使い続けることができます。

こんなに手軽なカミソリですから利用者は多いでしょが、すぐにまた生えてきますので頻繁に処理を繰り返さなければなりません。
そぎ取った毛の先は、太く濃くなったように見え、数日後には手で肌を触るとチクチク感じるでしょう。
手軽な分こうしたデメリットもあり、その最たることが肌を傷めることです。
ムダ毛と一緒に皮膚の表面もカミソリの刃で削ってしまいますので、肌荒れを起こしてしまいます。

毛を抜く!メリットとでデメリット

毛抜き ムダ毛を抜くという自己処理はあまりおすすめできません。
シェービングの剃り残しを毛抜きで抜くという状況なら問題ありませんが、毛抜きだけで処理する方法は肌に大きなダメージを与えます。
痛みとはダメージであり、ムダ毛を抜くときはかなりの痛みを伴いますが、これはそのまま肌ダメージへとつながります。
鳥肌は一時的な症状であり継続することは通常ありませんが、炎症、乾燥肌、埋没毛などは治りにくいです。
肌質が敏感になってしまうと、その状態を改善していくのに時間がかかります。
ターンオーバーの周期は基本的に28日であり、少なくとも約1ヶ月は肌質改善の時間がかかるのです。
ターンオーバーは年齢を重ねるほど周期が長くなる傾向があるため、中高年になって肌バランスが崩れた場合は、元に戻すためにさらなる時間を必要とします。
肌の奥に黒いポツポツが見える場合は、埋没毛だと考えていいでしょう。
毛がまっすぐに成長せず、内部でらせん状になって成長しています。
こうした肌トラブルを防ぐためにも、ムダ毛を抜く方法は避けたほうがいいのです。

自宅で脱毛するベストな方法

私自身いろいろ試してみて思ったのは、カミソリ、毛抜き、除毛などで脱毛しても、また同じように毛が生えてくるという事実です。

こればかりは永久脱毛とは違いますのでいたしかたございませんが、何度も脱毛することにより肌を傷つけるというデメリットも生まれてしまいます。

ですので、ちょっと無理してでも家族全員で使えることが出来る家庭用脱毛器が、結局は安上がりで安全に脱毛処理をすることが出来るのです。

私の場合も家族全員で使用するため、一人あたりの単価を計算してみるとすごく安く脱毛が出来ることが判明いたしました。

うまく話をもっていくと親に買ってもらう事もできますね( ^)o(^ )

自宅で脱毛器を使う
↑ ↑ ↑ ご自宅で脱毛サロンと同様な脱毛が出来るケノン公式サイトです。